「子どもを育てにくい時代になってきたね」


この言葉はかれこれ25年前に
実母に言われた言葉です。

子育てに夢中で食べ物とかの事を
考える余裕もないままに
時間だけが過ぎて行きました。

母の言葉は
言ってた顔は
今でもはっきりと覚えています。

私の母は出来合いの物は
絶対に買わずに、全て手作り

誕生日のケーキ
うどん
カマボコ
梅酒
お節料理等

着物とか、お洋服も
作ってくれました。

出来合いの料理は
私には記憶がありません。

三人娘には
良いお嫁さんになってほしい?
そんな気持ちからか、
一緒にケーキ🍰を作った記憶が
蘇ります。



25年経って、日本の食べ物、飲み物が
大変になっていることなんか
知る日本人は数パーセントしか
いないのではないかと思います。

そんな記憶がある私なので、
毎日の口にする食べ物に関しては
より気をつけて選んで購入しています。

「そんなの」
「気にしすぎ」
「え〜〜?」

いろんな気持ち、考えの方たちが
そう言います。

けど、それこそ
「ただちに影響はありません」なのです。

だけど
「数年、数十年したら影響が、、、」
モゴモゴモゴ


遺伝子組換

各国で数年前から使用していたが
子供たちの奇形、異常なホクロが
大問題となり、各国はスペイン以外
輸入を拒否、
輸出会社は困り果て
拒否しない日本🇯🇵に大量に輸出
し始めています。

これが、昨年末、コソコソと
法案で決まり、より以上の
遺伝子組換、農薬を使っていいよーと
農家さんに通達されたようです。

さて、北海道農業はどうするか?
どうなるか?

じっくりといろんな事を
調べないといけないですね、


FullSizeRender
IMG_6390

伊藤園さんの
「北海道とうきび茶」

なんとも美味しい飲み物

こちらは遺伝子組換は使用していません。

記載はないのですが、
詳細を確認しましたら、
「とうきび、黒豆は北海道の中でも
遺伝子組換を育てているところがあり
玄米と小豆は遺伝子組換はないのですが、
とうきびと黒豆のみ遺伝子組換ではありません
と記載すると状況を知らない方々は玄米と小豆は遺伝子組換?と勘違いしたら
困るので記載していないのです」と
詳しく説明して下さいました。



毎日飲むもの
毎日食べるものには
かなり気をつけないと
いけない時代に突入してきました。

未来ある子供達の為に
今、自分ができる事を
これからも調べて
いきたいと思っています。

🌸🌸🌸🌸🌸

IMG_6368

大きなソリたち🛷が
狭い場所を陣取っています。

あとのふたつは
何処に飾ろうかなぁ〜〜